西原商会が作るさつま揚げ


薩摩で作ったからさつま揚げと呼ばれています。
一説では、薩摩藩主がハンペンやカマボコをヒントに、
これを考案したと言われています。
もしも、長州が作っていたら、
ちょうしゅう揚げと呼ばれていましたね。

さつま揚げは、魚のすり身をペーストにして具材を包み、
それを油で揚げます。
とてもシンプルな食材になりますので、
一気に全国に普及したと思います。
ただし、その包み込む具材に決まりはありません。
地方によっては、独特なものを包んでいると思います。
また、すり身にする魚の種類にも決まりはありません。
非常に自由なのが、さつま揚げの特徴だと言えます。

西原商会(正確にはそのグループ会社)は
様々なさつま揚げを製造しています。
包みこんでいる具材に、ごぼう、ニラ、ニンジン、
れんこん、高菜、明太子、梅など、非常に種類が豊富です。
中には、キャビアを含む世界三大珍味を入れた
さつま揚げも販売していました。
西原商会がすり身に選んでいる魚は、主にスケトウダラです。
それに、グチ、ハモ、ホッケなどをブレンド。
焼き加減にもこだわりをもっており、
低温と高温の二段階の加熱方式を採用しています。
油についても、しっかりと酸度を測って、
最高の状態で揚げられるようにしています。

そしてこの西原商会が作るさつま揚げは、通販で買うことも可能です。
西原商会の本来の領分は食品卸売業になりますので、
通常はこれらの商品はお店に行かないと食べられないものです。
人気があり、かつ、十分な生産が見込めるものは、
こうして一般市場にも流しているのです。